取引面、税制面では異なってはいても・・・

自営業としてビジネスを行うといっても、別に法人会社とは違ったやり方で行わなければならない、というわけではありません。ただ、税制面での扱いが違っていたり、取引上で違いが出てくる面がある、というだけです。税制の面では、法人会社であれば法人税というものが課せられることになりますが、法人会社ではない自営業者であれば、法人税ではなく、あくまでも事業者個人としての所得税が課せられる、ということになるからです。個人事業者である自営業者の場合には、青色申告による所得税の申告・納税、となっているのが一般的ですね。

手形の決済ではその責任の所在が違ったものに・・・

自営業者というのは、あくまでも個人として事業を行っている者ですから、法人会社の場合のように、会社という法人組織ではありません。従って、個人事業者である自営業者と取引する場合には、法人組織である会社と取引する場合とは違って、あくまでも事業者である個人と取引することになるわけです。ビジネスの世界では、決済は現金決済ではなく、売掛・買掛による信用決済である場合が普通で、手形による決済などもよく行われるわけですが、法人会社である場合と個人事業者である自営業者とでは、手形決済における責任の所在のあり方も違ってくるのです。

事業の運営自体は法人会社も自営業者も同じで・・・

その業種にもよるわけですが、取引上での違いという面や、税制面での扱いの違いというものはあっても、そのビジネス自体のあり方は、法人会社であれ個人事業である自営業者であれ、特に違いというものはありません。個人事業である自営業者であっても、法人会社と同じように、給与を払って就業員を雇うことはできますし、店舗を構えて販売を行うことも、製造所を設けて商品を製造することもできるからです。実際にも、創業以来100年近い歴史を持ち、多くの従業員を雇っていながら、法人会社にはせずに自営業者として事業を続けている、というところもちゃんと存在しているわけなのですからね。

フランチャイズとはある企業と契約してそのノウハウや秘伝のレシピや看板をレンタルしてビジネスをする事を言います。その対価として加盟店は企業本部に毎月ロイヤリティを払います。