再生可能エネルギーのひとつです

2011年3月11日に発生した東日本大震災時、福島で起こった原発事故は、やはり日本人にとって大きな出来事でしたよね。それは、安全だといわれていた原発が、事故を起こしたことだけじゃなく、その後の日本のエネルギー政策を根本的に変えてしまったことじゃないでしょうか?だって、それまでクリーンエネルギー源の原発をもっと増やして、二酸化炭素の排出量を抑え、地球温暖化を防止する、というのが国策だったじゃないですか。でも、あの事故以降、再生エネルギーの重要性ががぜんクローズアップされ、中でも太陽光発電が主役になったような気がします。

太陽光発電は、とても身近になりました

地熱発電や風力発電に比べ、小規模発電、つまり、各家庭でも簡単にパネルを設置すれば、すぐに太陽光発電が始められる、という気軽さから、メーカーや販売店、代理店などの多くがこの分野に参入しました。もちろん、メガソーラーのように、大規模太陽光発電が産業レベルで推進されたこともありますが、身近なところでは、自宅の屋根に太陽光パネルを設置して、発電した電気を自分の家で消費したり、余った電気を売電して、電力会社からお金を頂く、という家庭が急増しました。

エネルギーのベストミックスに必要です

太陽光発電は、他の発電システムに比べ、発電量が不安定なので、電力会社側から見ると、あまり比率が増えると電力供給の安定性という観点から好ましくない、という判断もあるようです。しかし、原子力発電所の再稼働が不透明で、かといって化石燃料を使用する火力発電所ばかりに依存すると、二酸化炭素の発生を増やすことで地球温暖化の問題にマイナスになります。ですから、やはり、再生可能エネルギーの有力な一つとして太陽光発電は、全エネルギー発電の中の一定割合を占めることが必要です。いわゆる、エネルギーのベストミックスを構築するうえで、欠かせないエネルギー源として今後も活躍していくことが期待されてます。

太陽光発電の価格には、太陽光発電モジュールの価格や、発電した電力を買取りしてもらう価格などがあります。