トイレ詰まりの原因は?

トイレ詰まりは非常事態!皆さんも困ったこはありませんか?トイレはもっとも使用する水回りです。それゆえ詰まりや水漏れなどのトラブルが最も起こりやすい場所なのですが、専門業者にお願いすると高額な費用がかかります。そこで原因と解消法を知っておくことが大切です。トイレ詰まりの原因の多くは、トイレットペーパーを大量に流した、携帯電話などの異物を落とし流してしまった、猫の砂を捨てているなど、使い方に問題がある場合が殆どです。そこで吸引カップなどの用具がなくても出来る解決策と予防法を覚えておきましょう。

用具がないときのトイレ詰まりの解決策

バケツ8分目までお水を入れてトイレの穴をめがけて3センチから5センチ程度の滝になるように注いでみる。この時お水はいっきに入れるのではなく水流でトイレの穴を狙い定めるのがポイントで、簡単な詰まりなら水流の力で詰まりが解消されるかもしれません。それでもダメならお酢と重層で試す方法です。便器の中にお湯を注いで100gの重層とお酢200ccを入れると、二酸化炭素が発生し泡立ち詰まりを解消してくれます。この時便器に注ぐお湯は熱い方が詰まりの解消には良いのですが、便器が割れてしまう恐れがあるので50度程度にし、泡立ちから1時間から2時間はそのままにしておいて下さい。

トイレ詰まりの予防法

トイレ詰まりの予防法はズバリ一言「トイレ用以外の物を絶対に流さないこと」これに尽きます。そしてトイレ用の物でも過信せず、一度にたくさん流さないことです。これで詰まりの8割は防げます。そしてトイレタンクにペットボトルを沈めたりと流れる水量を少なくしすぎないことが大切で、水量が少ないと汚物が流れる力が弱くなりトイレ詰まりの原因となります。トイレ詰まりは早めの手当てが肝心ですので、流れが悪いと感じたら上記の方法を試したり、流れる水量を見直すなどして下さい。

水漏れや排水詰まりなどの不具合が見受けられたなら、早急に専門の業者に連絡を入れて、水道修理の見積書を作成してもらいましょう。