メーカーと直接契約している

商品を販売しているお店には、代理店というものがありますよね。この代理店というのは文字通りメーカーの商品を代理で販売しているお店になるのです。なので、商品の在庫などをは代理店にあるというわけではなくメーカーにあります。代理店ではなくメーカーに在庫があるということは、代理店側がメーカーから直接仕入れているという訳ではなく、メーカーからの取り寄せになるので、代理店側が在庫を抱えるというリスクを背負う必要がありません。

代理店はメーカー品が全て揃う

代理店というお店では、メーカー側と直接契約をしているという特徴があるのです。直接契約をしているということは、メーカーの商品が全て揃うということになるので、代理店に行くと確実にすべてのラインナップを拝見することができますよ。これは、お店側としても数量限定商品などを優先的にお店に置くことができるといるメリットがあるので、消費者側としても簡単に限定商品手に入れることができるというメリットがあるり、消費者側にとっても非常にメリットがあります。

代理店はアフターケアも受け付けている

ブランド物の時計を販売している正規代理店の場合、そのお店ではブランド商品の販売だけでなくブランド時計購入後のメンテナンスの受け付けなどのアフターケアも行っていますよ。なので、ブランド時計を購入したあとに壊れてしまったという人にも対応しているので、非常に充実したサービスをしている事になりますよね。商品販売だけでなく、こういった商品の修理といったサービスが充実しているのも代理店の魅力であるといえるでしょう。

社内の業務のうち、単純な業務については業務委託することで社員が直接関与する度合いを下げ、人件費を節約することができます。